2011年09月03日

野村義男のハッタリギター講座 3「基本スケール」編



管理人、私的にこの野村義男氏のハッタリギター講座ファンなので、またまた!登場。

実はペンタトニックを制覇するって、とても大事でありまして、それを否定する人は、まあ、1,弾けない人、2,弾こうとしたけどコケた人、3,もっともの凄く!上手い人 だと思っております(笑)。1,2にならないよう、精進いたしませう。

ジャズ・ギター虎の穴 コード・ソロ完全征服への道 [DVD] / 布川俊樹 (出演)


ヴンテージ&高額エレキギター

Paul Reed Smith Guitars /Gibson


Fender/GRETSCH


ギターキャビネット

Moondog R&R Records Shop
posted by クニさん at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

フレーズへの応用【ギター初心者講座】by J-Guitar.com



エレキギター奏法が、よく「譜面だけで表現できない」「譜面ではなく音をよく聴いてコピーしましょう」と言われる理由は、このレッスンみていただくとわかると思います。

ありがちな「譜面が強いと、何でも譜面をみてその場でそっくりすぐ弾ける」というのは嘘であり(笑)、譜面が強くても初見でいきなりイングベイ・マルムスティーンやマイク・スターンのソロがそっくりそのまま弾けるなんて事はありえないですし、BBキングのあのニュアンスもすぐ出せるわけもなく、あまりこういう知ったかぶりの「話せばわかるレベル」じゃない方とは、関わらない方が精神衛生にはよいです(笑)。

このレッスンを見ていただけばわかる通り、このシンプルなフレーズ、メロディ、弾き方1つ、ちょっとした奏法を交えるだけでニュアンスが全くかわっており、エレキギターの面白さはこのへんにもあるわけで、とてもこちら良いレッスンだと思います!、、、。

自分なりに耳に馴染みのあるフレーズ、メロディを、チョーキングやスライド、ハンマリング、アーミング、タッピング、何でも交えて弾いてみませう。

ムック フェンダーストラトキャスター (リットーミュージック・ムック) [単行本] / リットーミュージック (刊)

ヴンテージ&高額エレキギター

Paul Reed Smith Guitars /Gibson


Fender/GRETSCH


ギターキャビネット

Moondog R&R Records Shop
posted by クニさん at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。